ゴヤ賞2020関連作の日本公開や買付、配信情報

スポンサーリンク
ゴヤ賞2020関連作の日本公開や買付、配信情報 映画賞
この記事は約2分で読めます。

第34回ゴヤ賞(スペイン版アカデミー賞)の受賞結果が1月25日に発表されました。

今回はゴヤ賞2020にノミネートされた作品の中で、日本での公開が決まっている作品、既に配給会社に買われている作品、配信されている作品などを紹介します。

※8月27日現在。邦題未定の作品は英題表記。

 

作品賞、監督賞、主演男優賞など最多7部門を受賞した、ペドロ・アルモドバル監督作『ペイン・アンド・グローリー』は、キノフィルムズ配給で2020年6月19日公開予定。

 

主演女優賞と録音賞を受賞した『終わりなき塹壕』は、Netflixの言語設定を英語などに変更すると、日本語字幕はないものの視聴は可能です。

 

主演女優賞、脚色賞など3部門にノミネートされていた『おもかげ』は、ハピネットの配給で2020年10月23日公開予定。

 

特殊効果賞を受賞し、脚本賞や新人監督賞にノミネートされていた『The Platform』は、クロックワークスが買い付けています。

 

長編アニメーション映画賞、歌曲賞にノミネートされていた『クロース』Netflixで配信中。

 

新人男優賞にノミネートされていた『SEVENTEEN/セブンティーン』Netflixで配信中。

 

まだ日本での公開や買い付けの情報は出ていませんが、東京国際映画祭やラテンビート映画祭で上映された『戦争のさなかで』が助演男優賞など5部門、『ファイアー・ウィル・カム』が撮影賞、新人女優賞を受賞しました。

主演男優賞など3部門にノミネートされていた『Eye for an Eye』は、スペインを除く全世界での権利をNetflixが獲得したようですが、他の国々のNetflixでは配信が始まっている中、日本のNetflixでは今のところ配信されていません。

 

 

ブロトピ:映画ブログ更新

コメント

タイトルとURLをコピーしました