Netflixでしか観られない受賞歴のある作品、評価が高い作品(2017年〜2018年)

スポンサーリンク
Netflixでしか観られない受賞歴のある作品、評価が高い作品(2017年〜2018年) Netflix
この記事は約4分で読めます。

今回は制作が2017年から2018年のNetflixオリジナル映画の中で、受賞歴のある作品や評価が高い作品を10本紹介します

スポンサーリンク

アリの結婚

制作:2017年、オーストラリア

IMDb

原題『Ali’s Wedding』

メルボルンに暮らすイラク生まれの青年が主人公のロマンチックコメディ

オーストラリア・アカデミー賞2017では、脚本賞を受賞。作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞など8部門にノミネート

Netflixサイト

マイ・ハッピー・ファミリー

制作:2017年、ジョージア・ドイツ・フランス

IMDb

英題『My Happy Family』

監督は『花咲くころ』が2018年に劇場公開されたナナ・エクチミシヴィリとジーモン・グロス

サンダンス映画祭2017に出品されて、トランシルヴァニア国際映画祭2017ではグランプリを受賞

Netflixサイト

ジョイ: 闇と光の間で

制作:2018年、オーストリア

IMDb

原題『Joy』

監督は難民映画祭やEUフィルムデーズで上映された『マコンド』のスダベー・モルテツァイ

ベネチア映画祭2018ではLabel Europa Cinemas Awardを受賞

オーストリア映画賞2020では作品賞、監督賞、主演女優賞、脚本賞を受賞

Netflixサイト

私は大丈夫

制作:2018年、ドイツ

IMDb

英題『All is Well』

ロカルノ映画祭2018では第1回作品賞を受賞

ドイツ映画賞2019では主演女優賞にノミネート

ドイツ映画批評家賞2019では長編デビュー映画賞を受賞。男優賞、女優賞にノミネート

Netflixサイト

シェヘラザード

制作:2018年、フランス

IMDb

原題『Shéhérazade』

セザール賞(フランス版アカデミー賞)2019では、第1回作品賞、新人男優賞、新人女優賞を受賞

Netflixサイト

幸せな男、ペア

制作:2018年、デンマーク

IMDb

英題『A Fortunate Man』

監督はパルムドールを2度受賞しているビレ・アウグスト

デンマーク・アカデミー賞2019では主演女優賞を受賞。作品賞、監督賞、主演男優賞など15部門にノミネート

Netflixサイト

令嬢ジョンキエール -愛と復讐の果てに-

制作:2018年、フランス

IMDb

英題『Lady J』

監督は『カプリス』のエマニュエル・ムレで、出演はセシル・ドゥ・フランス、エドゥアール・ベール

セザール賞(フランス版アカデミー賞)2019では、衣装デザイン賞を受賞。主演男優賞、主演女優賞など6部門にノミネート

Netflixサイト

先に愛した人

制作:2018年、台湾

IMDb

英題『Dear Ex』

出演はロイ・チウ、シェ・インシュエン。

金馬奨2018では主演女優賞を受賞。作品賞、主演男優賞など8部門にノミネート

第92回アカデミー賞国際長編映画賞部門の台湾代表

Netflixサイト

12年の長い夜

制作:2018年、ウルグアイ・スペイン・アルゼンチン・フランス・ドイツ

IMDb

英題『A Twelve-Year Night』

ゴヤ賞(スペイン版アカデミー賞)2019では、脚色賞を受賞。助演男優賞、イベロアメリカ映画賞にノミネート

ウルグアイ映画批評家協会賞2019では作品賞、監督賞、男優賞、女優賞などを受賞

第91回アカデミー賞外国語映画賞部門のウルグアイ代表

Netflixサイト

正義のレジスタンス

制作:2018年、オランダ

IMDb

英題『The Resistance Banker』

オランダ映画祭2018では作品賞、主演男優賞、助演女優賞などを受賞、最多12部門でノミネート

第91回アカデミー賞外国語映画賞部門のオランダ代表

Netflixサイト

 

 

ブロトピ:映画ブログ更新

コメント

タイトルとURLをコピーしました